魂動デザイン

file

東京制作部の坂本です。今回は私も乗っているマツダのデザインのお話。

201811月のロサンゼルス・モーターショーでマツダが新型「Mazda3」を発表しましたね。

今までも評判の高かった魂動デザインの第2フェーズとも言えるデザインで、ボディ横のキャラクターラインを廃し彫刻のような豊かな面表現がされています。

キャラクターラインとは、クルマのボディーの側面に付けられた凹凸によって作られるラインをいい、ボディーの形にメリハリをつけるために設けられるもののことです)

以前ディーラーの人に聴いたのですが、このようなデザインは製造に手間がかかりすぎ量産に全く向かないのだとか。

魂動デザインは、見る人の魂を動かすもの。クルマにおける真の美しさを問い続ける姿勢だそうです。

デザインについて妥協を許さない姿勢を、私も見習っていきたいです。

toTop