楽しんでできるデザインこそが結果的に伝わる。

東京クリエイティブチームの 町(マチ)です。

さて、この会社でお世話になって17年目に突入しました。

しかし、このコーナーでブログを書くのもこれが最後となりました。

常に新しいことへのチャレンジを会社の取り組みを通して経験させてもらいました。

ブログを書くということもここで挑戦できました。数回の投稿でしたが読んでいただいた方々には、

めちゃくちゃな文章力で読み辛かったかもしれませんが、お付き合いいただき感謝いたします。

また次のステージでいろんな新しいことにチャレンジできればと思っております。

 

さて、10月に開催されたJPM「日本プロモーショナル・マーケティング協会展2019

プロモーション業界における、唯一最大のPOPツールのコンテスト)に自身が手がけた作品を出展し

プロモーション・スペースデザイン部門において金賞を受賞することができました。

16年間で常に銀賞留まりで悔しい思いをしてきたのですが、

今回、在籍最終年のチャレンジで素晴らしい結果となり、

これまでの苦労が報われて喜びも大きいものとなりました。

 

受賞の対象となった作品そのものは

難しいコンペでしたが見事勝ち抜いて受注となり、

楽しく、そして熱をもって取り組むことができて、すごく思い入れがある案件となりました。

 

先日、クライアントと話す機会がありちょうど1年前のプレゼンの印象を聞くことができました。

プレゼン段階で、まさにその熱の入り方がすごく伝わっていたようです。

「ほぼ満場一致で決まった感じでしたよ」と言っていただけました。

 

ディスプレイが設置されたその空間をイメージして、

その場に立ち寄った方々にインパクトを与えて、内容を理解してもらいながら

さらに楽しんでもらっている状況を想像しながらアイデアを膨らませながら

すごく楽しくデザインできたことが結果につながったのだと思います。

結果、クライアントにも、その先のお客さんにも、そしてJPM関係者の方々にまで

思いが「伝わった」と思えた出来事でした。

 

これからも全ての案件に対してそのような熱意、意識で取り組めたらどんなに楽しいことだろうと思います。

ますますデザインを楽しんでいきたいと思います。

今までありがとうございました。

toTop