IDEI

手締めに見る、リズムのデザイン。

唐突だが、飲み会のおわりによくある光景。

「えーーー、それでは宴たけなわではございますがーーーここで一本締めを。○○さんにお願いしましょう~、イエーーーイ!」なんて感じ。

いま司会をやったアナタ、指名されたアナタ、間違えています。いよお~・・・パン!。ってやろうと思いましたよね?

これは「一丁締め」と言います。

じゃあ「一本締め」はどんなんでしょうか。「一本締め」は、いよ~・・・パパパン!パパパン!パパパン、パン!というのを一回だけやるのが「一本締め」です。三回手を打つのをさらに三回打って、締めで一回打つ。これがワンセット。諸説あるのですが、三回を三回繰り返すので合計九回ですね。九はなんとなく九=苦に通じるので縁起が悪そう・・・なんでもう一回パン!て打って締める。九にもう一回パン!とうつから、丸という字になり、「みなさますべてまーーるくおさまりました~!」てな感じでその場が丸くおさまる、丸くおさめたい。という縁起担ぎからも来ているのだとか・・・。その感謝を込めて打つのが日本古来の一本締め。日本人ならおぼえておきましょう。

じゃあ三本締めは??「三本締め」は、いよ~・・・・パパパン!パパパン!パパパン、パン!、それ、パパパン!パパパン!パパパン、パン!、それ、パパパン!パパパン!パパパン、パン!と三回続けてやるから「三本締め」。一本締めでも縁起がいいのに、それを三回繰り返して、ハッピー!ハッピー!ハッピー!ていう過剰なハッピー感を演出するのが「三本締め」です。これが本来の正式な手締めだそうで、公式行事では多少長くてもこの「三本締め」をするのが良いことだということです。まさに「しあわせのデザイン(かたち)」。

この手締めは当初、主として関東一円でされた手締め方法。江戸時代から商業が盛んな地方では、他の手締めも伝承されています。

たとえば天下の台所、大坂が発祥とされるのが「大坂締め」。♩打ちまーしょ!パンパン!もひとつせ!パンパン!いおうて(祝って)三度!パパン!がパン!というもの。おなじく博多商人発祥の地、博多では「博多手一本」。いよお~!パンパン!まひとつ!パンパン!よーさん!パパンパン!・・・・文字だけ読んでてもなんのことだかわからない方はユーチューブでも調べてみてください。

ちなみに、「三三七拍子」というのは別のジャンル。でもこの「三三七拍子」、外国人にはわかりにくいリズムだそうで、日本人独特の「音のデザイン」「リズムのデザイン」と呼べそうです。「♪よーお!パンパンパン!はい!パンパンパン!はい!パンパンパンパン!パンパンパン!」という「三三七拍子」のリズムは三回打って、はい、の間をおきます。また三回打って、はい!・・・このはい!っていう間(ま)がどうやら日本人独特らしく、外国人はいきなり聞いても、え?なに?What?なんていう風にとまどうとか・・・?現代の流行音楽でも、この「三三七拍子」にあてはまる歌詞のつけ方が多いらしく、なっている最新楽器の音量のせいで気づかないだけで、しっかり「三三七拍子」の魔の洗礼を受けたジャパニーズポップスが多いそうです。慣れない外国人にとって、さらに難解そうなのが、冒頭の「いよお~~」という出だしの合いの手。歌舞伎や能楽などにも合いの手として何度も登場しますが、この「いよお~~」という間の取り方が日本独特。普通の日本人なら「いよお~~」の直後から支持されたリズムが唐突に始まっても日本人は特に違和感がありません。

DNAなのか?幼少期から日常的に教育された「マ」の取り方なのか?そうなれば、邦楽やこういった手締めが身近に感じられない現代の子供たちは、誰しもがいちいち言わなくても対応できた「マ」が取れない日本人が出てくるのかもしれません。

CONTACT