化粧まわしのデザイン。そして優勝。

21586975_1680435688774288_3523768664702646413_o

東京企画制作部の 町(マチ)です。 突然ですが大相撲は興味ありますか? 

子供の頃、自営業だった父が相撲中継を観たくて夕方になると仕事を中断してテレビを独占していました。

その時間帯の私としてはアニメを観たかったのですが、父にはさすがに勝てるわけもなく、

高見山ぐらいしか知らないし興味もなかったので外で遊んでおりました。

私も大人になって少しずつ興味を持ち始め、同県出身の力士に注目するようになっていました。

若島津、寺尾、逆鉾、霧島など。 そして千代の富士の凄さに魅せられてさらに興味が湧き

同県だけでなくいろんな力士に興味を持つようになりました。

デザイナーである私は力士が土俵入りする際に着けている化粧まわしにも注目するようになりました。

力士の写真などを見ると化粧まわしのデザイン一つで力士の力強さや凄さを引き出しているようにも見えます。

でも大相撲への興味もこの程度で、ごく一般的なファンにすぎませんでした。

ただある日、地元の後輩が千代の富士こと九重親方の部屋にスカウトを受けて入ることになったのです。

醜名は「千代ノ皇」。

徐々に出世して幕内に昇進するまでになったのですがそのお祝いに

後援会から化粧まわしをプレゼントすることになりそのデザインを任されることに!

これまでは、見て勝手に評価している立場だったのですがいざ自分でデザインするとなると責任重大。

でもこんな貴重な経験はできないですし、後輩にも頑張っていただきたい思いで引き受けました。

どんなデザインが良いか悩みましたが、昔から地元で大事にされみんなの心に刻まれている教え

「何事にも誠の精神で取り組みなさい」この言葉を表現することにしました。

この想いが「伝わった」のかわかりませんが7月場所では幕下の全勝優勝を果たしてくれました。

また幕内に返り咲けるように思いを伝えるべく応援したいと思います。

化粧まわしにはいろんな方々の力士に対する思いがこもっているんだなと思わされた経験でした。

みんなの思いが伝わりますように。

toTop