IDEI

アジア発コスメ

みなさま、こんにちは。

今日はプチプラコスメについて。

私は日頃様々な企業様の店頭販促物のデザインをさせていただいています。

最近行った店舗リサーチを思い返すと主にコスメ系が多く、普段からドラッグストアやバラエティショップを中心に、商品の見せ方や訴求、売り場状況を見に行く事がよくあります。百貨店などで扱っているいわゆる「デパコス」とは違い、様々な会社のブランドの商品が限られたスペースに数多く陳列されるので、しっかり商品が陳列され、特長を訴求できている紙製のディスプレイ什器をたくさん見る事ができてとても勉強になります。

そんな中で目立った存在なのが韓国コスメなどのアジア発コスメです。ディスプレイのデザインも、陳列も目立つものが数多くあるので見逃せない存在です。さらに最近はタイのコスメも注目を集めているとの記事を見つけました。(日経MJ4/14号)

記事では、値ごろ感のある価格・色展開の多さ・崩れにくさといった点をタイコスメの特長に挙げています。タイは日本よりも高温多湿な気候なので、タイのコスメは湿気に強くマスクを着けてもメークが崩れにくいということで、SNSでも話題になった商品はロフトなどでも扱っているとのこと。

化粧品は、それぞれ国の人種ごとの肌質や環境を考えて開発されています。デパコスの海外の高級化粧品にも、本国の処方と日本処方があったりします。化粧品の機能は使用する人の生活環境が大きな要素の一つだと思うので、日本とは違うタイの環境・気候向けで生まれた商品が、コロナ による生活環境の変化によって機能的により日本人に合う商品になり、しかも売れてきているということに、何か新しいトレンドと言いますか、潮流のようなものを感じて、(うまく言えないのですが・・!)世の中の流れに鈍い私はまた気づかされたような気持ちになりました。私たちの生活は確実に今変わってきていて習慣だけではなく身の回りのものも見直す目で見ていく必要があるんだなと。

韓国のコスメは、もうずいぶん前から旅行のお土産にいただくこともありましたので使ったこともあるし馴染みがありましたが、タイのコスメは全くの勉強不足なので(主にF1層、20〜30代前半がユーザー)どんな商品があって、どう売られているかまた売り場に行かなければ!と思っています!

ちなみに、韓国コスメの輸入額はコロナ禍中でも増加していて店頭購入機会が減る中、もともとオンラインでの販売が強かった韓国コスメは売り上げが伸びていると分析されているそうです。なるほどですね・・。

最後になりますが、また4都府県で緊急事態宣言が出てしまいましたね。週末から始まるGW、また家での時間が増えそうですが先日撮れた気分がスカッとする(であろう)スカイツリー画像を贈ります!

ちょっとでも良い気分になっていただけたら幸いです。

32A0A90A-C0D4-471C-9FBA-D8D18801FB08

CONTACT