iPhoneの先駆けとなったモノ。

東京制作部の坂本です。

2回目の今回はiPhone誕生のお話です。

皆さんはAppleNewton(ニュートン)をご存知ですか?

Newtonは世界初の個人用携帯情報端末PDAPersonal Digital Assistant)として1993年から1998年にかけて販売され、Messege Padという名前で、手書き入力機能を採用した革新的な端末として脚光を浴びました。

通信機能も当時としては画期的で、赤外線通信で名刺情報の交換を行う機能、情報をパソコンと同期させる機能、無線ネットワークを利用して情報サービスを利用できる機能、モデムを通じてメッセージをファックスに送信する機能を備えていました。

今はスマホで簡単にできることですが、1990年代半ばまではポケベル時代だったことを考えると、先取り感ハンパないですよね。

また、色々なパッケージ(今でいうとアプリ)が販売されており、表計算ソフトやスケジュール管理からゲームなど、多様に楽しむことが出来ました。

しかし、商業的には失敗。理由は非常に高価なこと。私が買ったMessege Pad 2100は輸入品で20万でした。また、非常に大きく、分厚く、ポケットなどに収まるものではないこと。

ですので、本当にコアなAppleファンしか持っていませんでした。

それでも自分としては、サイズ無視の角ばった無骨なデザインにクールさを感じ、ハマりにハマっていました。

当時、相当な時間とお金を費やしたことを懐かしく思い出します。

Newtonの技術は、その後2001年に登場したiPodとして引き継がれていきます。

また、Newtonの技術者はiPodと初代iPhoneの開発メンバーとして活躍しました。

短命で終わったNewtonですが、培った様々な技術がiPhoneとして花開いたんですね。

今、iPhoneをいじっていて、ふとこの話を思い出し、懐かしくなって20年ぶりに起動したところです。

newtonadad2

toTop